ニュース一覧

都築氏が目指すもの

メンズ

顧客満足と従業員満足

メンズ脱毛サロンの歴史は、そう古いものではありません。男性が脱毛をするようになったのは、ここ10年ほどのことです。現在では、男性の脱毛も市民権を得ていますが、出だしにおいては相当の苦労がありました。都築寛史氏が代表取締役社長を務めるリンクスが設立されたのは、2008年のことです。当時は、インターネットも普及しておらず、メンズ脱毛サロンをアピールするのに、大層苦労したそうです。それが今日では、リンクスの名前を聞くだけで、お店のイメージできると言う人が大勢います。それもこれも、偏に代表取締役社長の都築寛史氏の尽力によるものです。ただ、代表取締役社長でありながら、都築寛史氏は非常に腰が低く、経営の鬼からは程遠い印象があります。しかし、温和でありながら、何事にも真摯に取り組む都築寛史氏であるからこそ、今日のリンクスを築き上げることができたのです。リンクスの代表取締役社長としての都築寛史氏が追求してきたのは、顧客の満足度です。常に顧客に寄り添い、サービスの向上を目指してきた都築寛史氏だからこそ、リンクスの発展を可能としたのです。都築氏の姿勢は、店舗の従業員達へ大きく影響してきました。同氏のトップダウンのやり方が大きく功を奏したのです。そして、顧客満足と従業員満足の両者を重んじることで、更なる技術、サービスの革新を模索しているのです。この姿勢を貫いたことで、都築寛史氏は経営者としての成功を収めたのです。